2013年02月23日

UGI XTV(胃バリウム検査)時のバリウムの調合はアナログよりデジタルのほうがシビアです

バリウムの調合は昭和の時代はすごく絶妙に調合していました
現在は?人任せで良しとする風潮
良いバリウムを調合して初めて美しい胃の写真が出来上がるのです
特にデジタルは薄化粧
低コントラスト分解能を考慮すると20VW%でも濃いかもしれない
実験写真です
CCDDRなのでエックス線は50分の1の照射線量です
計算上300分の1でOK
101102_1416~0002-thumbnail2.jpg101102_1417~0001-thumbnail2.jpg101102_1437~0001-thumbnail2.jpg101102_1416~0001-thumbnail2.jpg101102_1418~0001-thumbnail2.jpg101102_1420~0001-thumbnail2.jpg101102_1421~0001-thumbnail2.jpg101102_1425~0001-thumbnail2.jpg
posted by usugitec at 22:02| examinationーxtv | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする