2015年12月16日

医療超音波装置を使った超音波目利き技術のエポック1000iでの実験開始

CA280062.jpg表記の通り、マグロ超音波非破壊検査実験を行います。
場所はお問い合わせください。
今回行う技術開発は、私のように医療超音波資格を持った人以外でも、操作可能な装置の利用による技術開発の第一歩です。
特定免許は全く必要とせず、誰でも利用可能な技術!
しかし、全くの新しい分野なので参考書もなく、よってこれといった基準が皆無となります。すべてはあなた次第であり、私次第!
基本的に視覚的判断の世界となりますので実際に誰にでも見ることができますし検査できます。始めたら最後苦しい勉強の積み重ねが始まります。視覚的世界なのでいつの日か横につながる日がやってきます。
医療関係と最も異なるのは、責任はすべてあなたにかかってきます。
写真は真実を映します。画像はごまかしが効きます、超音波は画像判断ですが、知識を上乗せすると写真をうわまることが可能!
基本は目で見て頭で分析する訓練です、見たものを素直にではない世界。
実力を発揮できるのは、検査を楽しみながら、知識を積み重ねることのできる人に。。。と思います。
まだ世界的に例もなく、医療超音波技術士でさえも引く手あまたの時代ですので、一般普及はありえないでしょう。
現在デフレスパイラルのさなかの冷え切った経済状況にさらに追い打ちの円高です。
基本的に今をしのぐことはできませんが、経済が復活した時の先取り先端技術となるでしょう。その時のためにもイメージングは行ってください。
写真をお送りします。
NO-ID_0001.jpg
091021_1618~0002.jpg091021_1225~0001.jpgNO-ID_0001.jpg
posted by usugitec at 13:24| アイディア先端技術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする